心不全の病態と症状、原因、治療について

医療

心不全の病態と症状、原因、治療について

心不全は絶対的または相対的な心収縮力の低下により、末梢組織に酸素が足りていない状態です。
うっ血による症状が主体となることが多く、うっ血性心不全とも呼ばれます。
ほとんどの場合は左心不全から右心不全、両心不全への経過をたどります。
心不全は症状の時間的経過によって、急性心不全と慢性心不全に分類されます。
なお、収縮力低下ではなく拡張不全による心不全もあり、拡張不全では収縮能は正常です。
症状としては、左心不全では肺静脈うっ血により肺胞内に水分が漏出する(肺水腫)ため、呼吸困難が起こります。
また、右心不全では大静脈うっ血により全身浮腫や頸動脈怒張、肝腫大などが現れます。
心不全の原因としては、虚血性心疾患や高血圧、弁膜症、心筋症などの循環器疾患、甲状腺機能亢進症や低下症などの甲状腺機能異常が挙げられます。
治療としては、心負荷を軽減させ、心収縮力を増強させることが重要です。
心負荷軽減のために血管拡張薬や利尿薬、β遮断薬など、心収縮のためには強心薬が用いられます。

http://hayakawa-bs.com/
夜8時まで診療を受け付けており、東刈谷駅からも徒歩2分と早川接骨院はお仕事帰りの通院にも便利な接骨院です。

クリニックごとの評判も検索できます
包茎手術を行っているメンズクリニックごとの評判などもまとめて掲載しています。

ひどい痛みや痺れでもWaDit治療で直ぐに和らぐ

ペットの病気予防にお越しください

チームワークを活かした歯の根本治療

最新投稿